海外引越しに必要なもの

海外に引越し業者もちゃんと存在します

仕事や留学、自分の夢のために海外に引越しを考えている方もいると思います。
しかし海外に引越しをする際に心配なのが、大量の持ち物をどのように海外に持っていくかです。
部屋にあったものを全て引き払う必要がある方は特に不安を覚えるかもしれませんが、
実は海外引越しに対応した引越し業者も存在します。
もちろん日本の裏側にも支店があるようです。

海外引越しに持っていくもの

海外に引越しする時に、日本でしか手に入らないかもしれないと心配して手荷物をいっぱいにしていく方もいるようですが、
海外の引越し先が田舎や発展途上国でなく、先進国なら大概のものは手に入ってしまうようです。
最悪家族や友人に海外の引越し先に荷物を送ってもらったっていいのです。必要ないものは確実に捨てていきましょう。
三ヶ月以上手元に無くても大丈夫なものは海外の引越し先に船便を使って送ればお得です。
また海外の引越し先に持って行って良かったと思われている日用雑貨には
・日本でしか売っていない美容器具
・パソコン
・洗濯干し
といったものがあります。

海外引越し便に入れられないものもある

海外の引越し先には持っていけないものもあります。
花火、制汗スプレーなどのガスが充填されているもの、食品もダメだと言われています。
またポルノや政治的煽動文章も厳禁です。
海外の引越しがそうした規制の厳しい国であることも十分に考える必要があります。
海外の引越しは日本の常識が通用しないこともあります。海外の引越しで重要なのは荷物はなるべく減らし、消耗品はできるだけ海外の引越し先で調達できそうなものを日本から持っていたものが切れる前に探しておくということが大切です。