海外へ引越しするときの重要点

引っ越しが決まったら
いろんな事情で、海外に引っ越しが決まったという方もたくさんいるかと思います。転勤で海外に行かれる方、学校にいくことになったため、家族と全員で移住する方、国際結婚で海外に引っ越すことになった方など様々いらっしゃると思います。では何をするべきでしょうか?まず、引っ越しが決まったら、パスポート、ビザ、子供がいる場合子供たちの学校の準備をしなければなりません。

新居はどうするか
どんな理由で行くにしろ、海外引越先の住所を確定することが大切です。ホームステイをすれば引っ越し荷物は少量で済み、アパートを借りる方も、家具付き物件が主流の海外では日本から家具や家電を発送する必要はありません。ご家族で移住される場合は、現地でとりあえず、住める家具付きアパートを決めて、現地の環境などを知った後に、本格的なアパート探しをしても良いでしょう。海外に引っ越す際に最優先したいのは、治安の状況です。日本では治安が悪いと言われている地域でも、実際に犯罪に遭遇する方は稀かもしれません。しかし、海外では治安が悪い地域の治安は日本人の想像を絶するものです。そのため、現地在住の日本人の方から情報を収集してみるなどして、入念に検討する必要があります。

海外引越しの荷物について
国をまたいで引っ越すわけなので、入念な下準備やスケジュール管理が必要となります。また、行く国や環境によって変わってくるのが引っ越し荷物の中身です。例えば、大都市を選ばれた場合には日本食屋さんや日本のスーパー、書店などもあるため、日本語や日本食に飢えることはないでしょうが、田舎の町であるならば日本から用意していったものがすべてということもあります。現地についてからすぐに使うと予想されるものは、スーツケースに詰めて引っ越し当日に持っていくのがお勧めで、他のものは引っ越し業者さんお任せして梱包してもらってもいいでしょう。海外引越しはとても大変です。わからないことがあれば業者に依頼することをおすすめします。