海外へ引っ越す際の注意点

海外での生活を始めるために引越し準備は早めのうちからしておきましょう。海外へ引越しをする際の注意点をまとめておきます。

パスポートとビザ
海外への引越しが決まったらすぐにパスポートを取得しましょう。パスポートの取得は1ヶ月程かかり、その後にビザの取得も行わなければなりません。ビザの取得はおよそ1周間以上かかることがあるため、海外の引越しが決まったら早めに準備しておきましょう。海外へ長期滞在するための引越しでしたら、場合によっては健康診断や予防接種が必要となります。海外への引越しが決まったら早めの準備をしましょう。

荷物の選別に注意
海外への引越しで大変なのが、荷物の選別です。留学による引越しなのか、家族での引越しなのかによりますが、しっかりと荷物の選別をしなければなりません。家の中の物を携帯荷物、航空荷物、船舶荷物、国内保管荷物、処分物などに仕分けると楽に荷物の選別が行えます。船舶荷物は規定があり、規定量を超えると実費負担になります。引越し業者に荷物が規定量に収まるかを確認しておくと良いでしょう。海外に引っ越すというとついついあれもこれも持って行きたくなりますが、荷物を送るのにも費用がかかるため、海外の引越し先で必要だと思うものを優先して荷物の選別をしておくことをおすすめします。

海外に持っていけないものとは
海外への引越しでは、持っていけない荷物や持っていくべきではない荷物があります。自動車やバイク、洋服ダンス、ベッド、大型テレビや冷蔵庫など、大きな荷物を持っていこうとすると、その荷物を購入する以上に費用がかかってしまうことがあります。海外の引越し先にもよりますが、予め家具や家電などが付いている物件もあるので、無理して大きな荷物は持っていかないようにしましょう。