荷物の輸送方法

荷物の輸送方法
海外への引越しと日本国内への引越しでは、たくさん違うことがあります。例えば荷物の輸送方法です。日本国内への引越しの場合ですと、全ての荷物をトラックに積み込んで運ぶということが多いでしょう。つまり1つの輸送方法で済ますことが出来る場合が多いのです。では海外への引越しの場合はどうでしょうか。海外への引越しの場合は、荷物によって輸送方法を変える必要があります。海外への引越しは、主に航空便で送るのか、船便で送るのかになってきます。どういった点で海外への引越しの輸送方法は選択されるのでしょうか。

航空便
航空便では主に、海外引越しの際に海外でもすぐに使うだろうというものを輸送します。航空便に積むことが出来ないものは当然輸送することが出来ません。重量制限も厳しく、一定以上の重さの物も輸送することは出来ません。積み込む物のチェックも厳重で、船便では送ることが出来るが、航空便では送ることが出来ないという物もあります。

船便
船便では主に、海外引越しの際の重い物やサイズの大きい物を輸送します。他にも航空便では送ることが出来ないとされたものを輸送します。もちろん船便でも送ることが出来ない物もあるので注意が必要です。海外への引越しの後、すぐに使わないだろうという物も船便で輸送します。船便は航空便よりも長い輸送期間が必要となっています。海外引越しはこのように輸送方法にも違いがあります。海外引越しの際は引越し業者の話をよく聞いて荷造りをしましょう。